blockchain

ブロックチェーンってなに?~①簡単な特徴(長所)~

投稿日:

 

ブロックチェーンを布教していると

すぐにある難題に直面します。

 

「ブロックチェーンってなに??」

 

この純粋無垢な質問に僕はタジタジになってしまうのです。

 

一言で説明できなかったので、うだうだと特徴や利点を喋っていました。

しかし、それではダメなんだと最近、思い直しました。

 

「〜ってなに?」という質問への答えとして、興味を持ってもらうためには

  • 簡潔かつ
  • 相手が知ってる概念

での説明が最適だと思うのです。

 

うだうだ話してるうちに興味無くなってきます。

長い、詳しい話は興味がもっと出てきてからでもいい。

 

ということで、

この記事ではブロックチェーンについてなんにも知らない人に向けて

ブロックチェーンとはなにか」について

一言の説明からだんだん詳しくしていこうと思います。

 

知りたい情報が得られるまで、または興味が続く限りお付き合い下さい。

 

ブロックチェーンってなに?(一言で)

ブロックチェーンとは

(新しいタイプの)データベース

です。

 

*()をつけたのは一言ではなくなってしまうかなと思ったからです。

 

データベース、なんです。

でもただのデータベースではありません。

 

分散化されたデータベースなのです。

(「分散化された」については後述します)

 

*データベースとはデータ(情報)の集まりのこと

 

ブロックチェーンってどんなデータベース?

何が新しいのか、(ポジティブな)特徴として

  • 改ざん、コピーができない
  • 落ちない(システムがダウンしない)

この二つがあります。

少ないと思うかもしれませんが、これだけです。

 

これらの特徴のなにが嬉しいんでしょうか?

 

改ざん・コピーができないと嬉しいこと

改ざんできないと嬉しいのは、とても重要なデータを扱う場合です。

 

支払いの情報、公文書、個人情報、etc.

もしもあなたの銀行預金の残高が何者かによって改ざんされていきなり0になったら困りますよね。

 

まあ、改ざんできないと嬉しい、というのは分かると思います。

コピーはどうでしょう?

 

ネット上の情報と言うのは基本的にコピーできます

 

例えば、ネット上で自分の書いた絵を売る、ということを考えてみましょう。

 

Twitterで売りたい絵をアップロードしてしまったらどうなるでしょう?

その絵を見たい人はTwitterのページを見ればいいし、

その絵を欲しい(所有したい)人は「保存」ボタンでも押すかスクショでも撮れば自分のデバイスに取り込むことができます(これが「コピー」です)。

 

すると、その絵にお金を払う人はいなくなってしまいます。

その絵には価値がなくなってしまうのです。

 

お金を払ってもらうためには

  • パスワードをつけてお金を払ってくれた人だけに教える
  • お金を払った人だけが入れるウェブページに絵を掲載する

みたいな方法が考えられます。

 

しかし、このような方法を使っても買った人がコピーして他の人に配ったりすることは防げません。

 

これがデータでなく、現実で紙などに描いた絵であれば話は簡単です。

お金と絵を交換するだけです。

(カラーコピーしたら質感が変わっちゃいますよ!複製はむずかしい!)

 

ネット上でもこの現実の絵と同じように、コピーできないデータがあればとても嬉しいのです。

 

コピーできないデータには価値を持たせることができます。

(コピーできると価値がなくなってしまうのと対称的に。)

 

この理由からビットコインなどの仮想通貨が

現実のお金と同じように使えるようになったのです。

 

bitFlyerの前代表取締役社長の加納裕三氏も大学の講義に来てた時に

「WEB上に初めてコピーできないデータができた。これがビットコイン(ブロックチェーン)のすごいところだ」

って言ってたと思います。うろ覚えですが。

 

落ちない(システムがダウンしない)と嬉しいこと

そりゃあ落ちなければ嬉しいでしょう。

 

皆さんも経験したことがあると思います。

 

オンラインゲームやソシャゲがアクセス集中でサーバーダウンしてメンテナンスになったり、

大学の履修登録システムがダウンしてたり。

レぺ〇ン地球のプレゼント企画のページがダウンしてたり。

 

こういうのは時間が経てば使えるようになるので

「ちょっと不便」なくらいです。

 

しかし、「ものを買う」というようなお金がからむ場合はどうでしょう。

Amaz〇nとかでなんか買って、購入確定した瞬間にシステムがダウン…。

金は払ってるのに商品の注文は通ってない…!!

あるいは

銀行に雷が落ちて自分の口座のデータが消失!!

なーんてことがあったら「ちょっと不便」どころではありません。

 

改ざんの話と同様ですが、「落ちない」というのも重要な情報を扱う場合にはとっても嬉しいことなのです。

 

分散型台帳技術?

Wikipediaで「ブロックチェーン」を調べると

ブロックチェーン(英語: Blockchainブロックチェインとも)とは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである

と出てきます。

 

この「分散型」とか「分散化」というのもブロックチェーンに欠かせないキーワードの一つです。

 

ブロックチェーンは全てのデータいろんなところに保管されています。

しかもそれらすべてが同期されています。

 

オリジナル一つとそれのコピー

というわけではなく、

全てがオリジナル(でも全部同じ)

と考えた方が適切だと思います。

 

カラフルなのがデータ。 いろんなデバイスに同じデータが入っている。

 

こういう感じで分散化された結果、

  • 改ざん、コピーができない
  • 落ちない(システムがダウンしない)

という性質が生まれています。

 

詳しい話はブロックチェーンの仕組みに関わるので、また別の記事で説明します。

 

非中央集権??

中央集権に非ず、

つまり特定の管理者がいない、という意味です。

 

例えば、

銀行の口座のデータならその銀行が管理しているでしょうし、

ソシャゲのデータはそのゲーム会社が管理しているでしょう。

その管理しているヤツがいない、ということです。

 

よくブロックチェーンに関連して語られる言葉ですが、

これは全てのブロックチェーンにあてはまる特徴とは言えません。

 

ブロックチェーンは実のところ、管理者を置くこともできます。

特定の管理者がいるものをプライベートチェーン、特定の管理者がいないものをパブリックチェーンと言ったりします。

ビットコイン等多くの仮想通貨のブロックチェーンはパブリックチェーンです。

 

このため非中央集権という性質は特に注目されていますし、

僕はブロックチェーンの最も重要な性質だと考えています

 

まとめ:ブロックチェーンってなに?

ブロックチェーンとは

分散化されたデータベース

分散化されていることで

  • 改ざん、コピーができない
  • 落ちない(システムがダウンしない)

という性質を持っている

とまとめることができます。

 

最後に

ブロックチェーンはまだまだ生まれて間もない概念です。

定義は統一されておらず、見解はバラバラです。

 

そんな状況下でどういう態度でいるべきか、共感した意見をTwitterから引用します。

 

 

特定の人の意見を鵜呑みにするのは避けたほうがいいじゃないかと思います。

僕の意見ももちろん。

 

この記事では日本ブロックチェーン協会(JBA)が定めたブロックチェーンの定義に則って解説しているつもりです。

 

また、ITに詳しい人からはデータベースという言葉は適切ではないと感じられるようですが、

ITに詳しくない人にとってはデータベースという言葉はイメージがつきやすく説明に適切だと考え、使用しています。

詳しいところはまた星暁雄さんの執筆した記事ですが

「ブロックチェーンはデータベースではない」件について

を参考にしてください。

-blockchain

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WindowsでGethをインストールしてマイニングを体験![初心者向け]

Geth(Go Ethereum)をインストールしてイーサリアムで遊んでみたい! けど自分windowsだし、パソコン詳しくないし難しそう…ってな方向けに ・Windows10で ・gethをインスト …

マイナーのジレンマ(The Miner’s Dilemma)

■目次 ・「マイナーのジレンマ」の内容を一言でいうと ・前提知識(知ってたら飛ばしてください)  →マイニングプールとは  →囚人のジレンマとは  →(無限)繰り返し囚人のジレンマとは  →Block …

【図解】公開鍵暗号方式をわかりやすく直観的に!

わかりそうでわからない「公開鍵暗号方式」 ビットコインとかブロックチェーンについて調べてると 「秘密鍵」 という言葉によく出会います。   秘密鍵って何?って感じで調べると、 秘密鍵、公開鍵 …

Segwitによって解決されたトランザクション展性(マリアビリティ攻撃)とは?

ビットコインについて調べていると「segwit」という言葉をよく目にします。 その目的として以下の2つが挙げられています。 スケーラビリティ問題の解決(改善) トランザクション展性(マリアビリティ攻撃 …

量子コンピュータの実現でビットコインはオシマイ⁉

■目次 ・量子コンピュータがビットコインを破壊する!? ・量子コンピュータがビットコインに与える影響 ・そもそも量子コンピュータとは? ・量子コンピュータがビットコインに与える影響についての見解 ・量 …