日本語

日本語の誤用、誤読

投稿日:9月 14, 2018 更新日:

漢文の授業で習ったことをおぼえているでしょうか?

 

須く

 

読み方も結構難しいですよね。

すべからく」と読みます。

 

「全ての」みたいな意味だと思って使ってたのですが、最近友人に指摘されて気づきました。

僕は日本語には自信があったのでとてもハズカシかった…

 

本来の意味は「当然」だったのですが、「すべて」という言葉と「すべからく」の音が似ていることから誤用が広まっているようです。

 

「須く」のタチが悪いのは誤用に気づきにくいことです。

「学生は須く勉強をするべきだ」

この文章なら

「学生ならば全員」

でも

「学生ならば当然」でも意味はあまり変わらないですよね。

 

グチはさておき…

言葉の性質について。

 

・重複(ちょうふく/じゅうふく)

・早急(さっきゅう/そうきゅう)

このあたりの言葉は最近では誤読の方が一般的になってしまいもはや誤読では無くなってしまいました。

 

言葉というものは古くからこんな(誤用・誤読が正当になる)ことを繰り返してきたようです。

 

これも漢文の授業で聞いた話ですが、「独壇場(どくだんじょう)」という言葉は聞いたことがありますよね?

「どくせんじょう」はどうでしょう?

なかなか聞いたことないんじゃないでしょうか。

 

はるか昔(具体的には知りません)、「どくせんじょう」が今の独壇場の意味で使われていました。

しかし、皆が書くときに漢字を間違えるので「独壇場(どくだんじょう)」になってしまったようです。

「独壇場」の独壇場になってしまったわけですね。

 

ちなみに「どくせんじょう」はこう書きます。

「独擅場」

違いに気づきましたか?

 

つちへんとてへんですね。

こんなのわかりません。

 

言いたかったことは、

須くの誤用がもっと広まれば僕の間違いも間違いではなくなるのに…

 

 

-日本語
-,

執筆者:


  1. […] 前の記事(日本語の誤用・誤読について)でも触れましたが、 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんか、スッキリした~『場を支配する「悪の論理」技法』の感想~

とつげき東北(さん?)の『場を支配する「悪の論理」技法』という本を読んだので考えたことを書きたいと思います。   感想は題名にもあるように「スッキリした~」のみ。   なんで買った …

蓋然性と可能性について

突然ですが 「蓋然性(がいぜんせい)」 という言葉をご存知でしょうか?   知っていても日常で使うことはないですよね。 蓋然性の意味、わかりますか?   「可能性とおんなじじゃん? …

帰納と演繹をクソわかりやすい言葉で説明してみる

「帰納」と「演繹」 これらの言葉を初めて知ったのはいつだったでしょうか? ちょっと難しめの本に出てきたり、 高校生の現代文の授業とかで出てきたり、 あるいは高校生の数学で「数学的帰納法」なんてのを習っ …

「防災対策」に違和感

ことばの話。 「防犯対策」「節税対策」「省エネ対策」とかに違和感を感じる。 いままで「テスト対策」という言葉しか使ったことが無かったため、「対策」という言葉を「何かに対抗するための手段」だと思っている …